« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »

2004.11.02

● 起業に必要な条件

起業に必要な条件を考えてみる。

・情熱
・練りこまれたアイディア
・Try & Errorから前進させる能力
・人を集める能力
・金を集める能力

んーーー。今の自分には、練りこまれたアイディアが無いです。情熱は 微妙ですね。
もちろん あるには あるわけだけど、石橋をバンバン叩いて渡ろうとする 自分がいたりして。自分としては いわば 『 熱い情熱 』 ではなく、 『 凍えるような 冷めた(=冷静な) 情熱 』 といったニュアンスのモノが 大事ではなかろうか と 思ったりする。 なぜなら、ぼくの目指している起業は、ローリスク ミドルリターン ゆえに『リスクの低減』がポイントだと思っているので。

夢の無い 起業だな。

ぼくにとっての 起業とは 夢を追うモノでは無いということなんだろうな。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

● 転職が当たり前の会社を作る。

転職が当たり前の会社はあるのか。
結論からいうと、あまり 無い気がする。

勿論 結果として 定着率が 低いというのは おおありなわけで
さらに 中途採用 ガンガンというのも ありなわけだけれど。
こと 辞めることに関して 『 明るく さよぉーなら♪ 』 といったノリの会社は 無いな。

どうせ 会社をつくるのであれば
『 会社に一生従属すること』を前提とするのではなく
『転職・キャリアアップ・収入アップ・起業』といったことを前提とした
そーいった 企業体にしたい とか ぼんやり思うのだが 奇麗事だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 起業の理由

中小企業の社長たるもの、私財を投げ打って会社を支えていくものなんだろうな。

一般的には。

でも、それって 違うんだよなぁ。ぼく的には。

『 会社は 私財を増やす為に つくるものである。 』

少なくとも 今のぼくにとっては。

シャチョー 失格でしょうかね。

理念やビジョンは大切であろう。

が、理念やビジョン 『だけで』 飯は 喰えん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.01

○ 日経マネー

久々に日経マネーを買いました。18歳の時に買って以来なので、もう18年ぶりです。
 で、印象ですが・・・ 『日経マネーって こんなに薄かったっけ?』です。
もうちょっと 分厚かった気がするのですが・・・ 当時の日経マネーを読んでいたヒトいかがでしょうか?

で、目的は、紙面の大半を占めている株ではなく、 へたれな国民年金 を 補うべく 

『個人年金商品』の研究っす。

定年までに3000万が目標とか 煽られても困りますが(w

18で 就職した時から、30で結婚・出産と思っていた自分は、 とりあえず まぁ 多少の誤差があるものの
ほぼ計画通りに人生流れてきているわけですが、『55歳でサラリーマン引退』と思っていたのに、ひょんなコトから、36歳で サラリーマン辞めちゃいました。

まぁ いずれにしても 55歳までに、『 働かなくても 暮らせる状況 』を つくりだしたいなぁー などと 思っております。

55歳まで、あと 19年。 残り4年の30代に その下地ができるように がんがろう  ヽ(´ー`)ノ あい、あい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.31

○ 紳助 ~松尾貴史氏のサイト

 ■ 被害妄想的に申し上げる。
Date: 2004-10-27 (Wed)

=== 一部抜粋 ===

夕方、紳助氏の「暴力事件」ニュースが伝わる。と言っても、事件性は希薄な印象。「被害者」の女性が、たった一回、それも物創りのハイテンションな現場で、自分の態度が悪くて引き起こされたアクシデントを、所属する会社から穏便に示談をすすめられたにもかかわらず、警察に届け出て事を荒立てるというのは、そもそも「そういうひと」だったからこそ、そのような展開になったであろう事は想像に難くない。
そもそも「馴れ馴れしい」と注意され、素直にならず、アドバイスにも耳を貸さず、周りの目もあるから個別に話そうという紳助氏の配慮を無にし、さらに反抗的な態度を続けたという風に伝わっている。
中川家の広島での例もあるが、悪質な行為でなくとも、売れっ子に対して騒ぎ立てると、根拠が薄弱であっても相手に必要以上のダメージを「効果的に」与えられると踏んでの陰湿なものを感じる。
ましてや、現場で仕切る人間がどれだけ微妙なバランスの中で自分を高揚させ、楽しいものを作る空気を保つかという困難な作業をしているか。
被害者と称する人のような、その辺りの機微をわからぬ因子が一人いるだけで、すべてのエンターテインメントは台無しになってしまう。
法律的には違うだろうが、この女性がやっている事は「犯罪的行為」である。私の印象では、叩いてしまったのは行き過ぎだったが、被害者は紳助氏の方だ。放送局でけがをしたなら、周りの人間が放っておくはずがないし、救急車も自分で呼ぶという事態は不可解。
ましてや、救急車に乗って行って診断書を書かせ、すぐに警察に行って、自分の会社のタレントを告発するという
ものすごいバイタリティと執念と手際の良さ。この状況から、どんな被害者像を思い浮かべれば良いのか、皆目わからない。収録よりも相手と、自分も所属する会社にダメージを与える事を優先する神経も変だし、
40歳にもなって言葉遣いや態度を注意され、改めない方がおかしくないか。もちろん、手が出てしまった事はミスだが、どう考えてもこの社員には肩を持つ材料は皆無だ。
身内意識で言っているのではなく、当事者が面識のない人物でも同じ事を感じるだろう。この女性も是非、やましい事がないなら表に出て主張をするべきだろう。
一般人と広義に解釈もできるが、吉本興業に入社した段階で既に「業界人」としての自覚はあるだろうし、顔を出さなくとも手記くらいは出せるだろう。全く被害者的真意が伝わってこず、目的は「相手にとっての不利益」だけのような気がする、非生産的振る舞いだ。

松尾氏のサイトへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○ Y!掲示板 吉本興業 トピ

Yahoo!掲示板
ホーム > 使い方 > Yahoo!ニュース > エンターテインメント > 芸能 > 吉本興業
   
お騒がせしてすいません
2004/10/30 0:48
メッセージ: 2078 / 4191

投稿者: harumi_cute_numano (40歳/女性/大阪府)

吉本興業のマネージャーをしているNと申します。
紳助さんに暴力をふるわれ全治一週間という大けがを負わされてしまいました。
私が思うに今までも彼は目下の人たちにたびたび暴力を振るっていたのではないのでしょうか。
私のような思いをする人が今後出てほしくないと思い、刑事告訴するにいたりました。
ここまでマスコミなどで取り上げられ話題になるとは思ってませんでしたが、告訴するという意志は変わりません。
法廷で決着を付けたいとおもいます。

根拠のない憶測が掲示板上にいろいろ書いてありますが、私に非はないと自信を持って言えます。
吉本という大企業の圧力に屈することなくがんばりたいと思います。

これは topics_editor さんの 1 に対する返信です

Y!板 該当投稿へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

● 「会社を経営する」ということ

お天気の悪い1日でしたが、子どもを肩車しながらカサさして本屋さんへ。

『「会社を経営する」ということ』とやらを買いました。とりあえず さらさらっと読み終えましたが、まぁまぁ おもしろかった。あとで、じっくり読み直そう。

事業ドメインは ある程度見えてますが、理念・ビジョン・経営哲学なんぞを より明確に しなくちゃいかんなぁー などと思いました。 こじんまりとした規模であろうとも、強みを持った集団がつくりたいっす。社員 ひとりひとりの強み&組織としての強み ってな感じで。

今日の晩御飯は、肉じゃがとマーボ豆腐でした。 あい、あい。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »