« アホルダー日記 | トップページ | アメリカンクラッカー(LED発光) »

2005.03.20

音楽携帯としてのPreminiⅡ

http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/products/mova/premini2/

使用していた Premini を 『便器に落として水没』させてしまったので
PreminiⅡ(汁婆)を購入し。使用中です。

とりあえず、『音楽携帯』としての使用感を いくつか。

【1】SONY製 ネックストラップタイプのイヤホン(別売り)

高いです。(w

長さ調節ができねぇーじゃんと思っていましたが、一応 イヤホンの根っこの部分をひっぱることで
なんとか調節できてるので とりあえず 不満はありません。

【2】メモリースティックDUO
MAX128MB って 嫌がらせですか?ソニーさん。
128MBで市場価格3,500.-Overって 高いですね。
そんなわけで ぼくは コジマで購入した 64MB 2400.-を使用中です。
ちなみに楽曲をメモリースティックDuoにPCから移す手段が無い ぼくは
ファミリーマートのキオスク端末で購入(1曲 \300.-ぐらい)しました。

花/オレンジレンジ 4.1MB
桜色舞う頃/中島美嘉 4.8MB
Jupiter/平原綾香 5.9MB
--------------
3曲 計14.8MB

とりあえず シングルを選んで聴いている分には、64MBでも間に合ってる感じです。

【3】音&バッテリー

音は iPod だとかの専用プレイヤーと比べても遜色無し。
つーか 比べてないので、厳密にはわかりませ。(w
が、少なくとも ぼくレベルの耳では 区別がつかないと思われます。 

バッテリーは、ぼくの使用スタイルでは 特に不満無し。
それなりに電池を消費していると思われますが、
仕事場に充電器があって、充電器を常備していれば、特に問題なしって感じ。

つーーーか、もっと激しくバッテリー消費するかと思っていたので ある意味、大満足。

【総評】

音楽再生用のプレイヤー と 携帯を所持するスタイルは 今後 消滅していくと思います。

もちろん 無くならないであろうけれど

この先、携帯付属の音楽再生機能が進化することにより
単体の音楽再生用プレイヤー の市場は 小さくなっていくのでは無いでしょうか。

小型化されたデジカメと 携帯に付属されたデジカメの場合は
性能に差があるがゆえに、使い分けが存在し、市場として成り立っているわけだけれど

音楽再生用プレイヤーにおいては 単体製品としての差別化が難しくなってくるであろうと思います。

PrenminiⅡという製品のコンセプト&製品自体は 非常に良く出来たモノであり『買い』であると 同時に、今後の『音楽携帯』の成熟が 『かなり』近い未来にあることを体感できる製品です。
今後の成熟に向けての課題は、ATRAC3、メモリースティックDUO、キヨスク端末におけるダウンロードコンテンツのラインナップの貧弱さ、バッテリーの省電力化辺りですね。

2006年 PreminiⅣ 辺りで 完結 って とこでしょうか。
 

 


|

« アホルダー日記 | トップページ | アメリカンクラッカー(LED発光) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59545/3366025

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽携帯としてのPreminiⅡ:

» オレンジレンジ [オレンジレンジファンサイト]
オレンジレンジ・・・ファンサイト・・・始動・・・ [続きを読む]

受信: 2005.03.21 03:02 午後

« アホルダー日記 | トップページ | アメリカンクラッカー(LED発光) »